医療・介護の派遣・紹介・転職相談なら

グッドドア

〒350-1105 埼玉県川越市今成4-10-15-2F

~NEW!キャンペーン情報~
転職希望の方に朗報!
入社お祝い金支給いたします!!
営業時間
   9:00~17:00
(電話受付19:00まで)
定休日
   土・日・祝日
MAIL
  good-door@alife.co.jp

お気軽にお問合せください  

049‐293‐7182
友だち追加

お役立ち情報

夜勤のお仕事って?

働き方は多様化し、昼間だけではなく夜間に勤務している方は多数いらっしゃいます。

業種や職種は様々ですが、24時間介護が必要な介護業界も夜間業務が発生する業種ですね。

夜も働く、というと大変とか体力的に厳しいのでは?と考える方が多いと思いますので、今回は夜勤の働き方をご紹介いたします。

 

【夜勤のメリット】

・お金が良い

深夜帯は通常の時間帯と比べ割り増しで支払われますので、同じ時間数勤務した場合、夜間帯の方が収入は増えます。

 

・通勤がすいている

通勤時間帯が通常と異なるので、通勤ラッシュにあたりません。電車でも車でもこれは大きなメリットです。

 

・人とかかわりが少ない

接客業のような人と接する仕事だとしても、人の利用自体が少なめです。介護施設や工場などでは交流が苦手な方でも勤務できるようなお仕事もございます。

 

・勤務日数が少ない

長時間勤務が多い介護施設では、夜勤だけですと週に2回程度の勤務となります。働いた翌日が休みとなるシフトが組まれることも多いため、1回勤務で1回休みのリズムで休みが多く感じられるはずです。

 

・勤務先に困らない

どの業種でも夜勤者を探すのは大変です。希望条件にもよりますが、なかなか仕事が決まらないという事はほぼないはずです。

 

 

 

【夜勤のデメリット】

 

・眠気

体内時計は日中活発になり、夜は眠くなるリズムになっています。働き始めは特に眠気に襲われますし、効率も悪くなりがちです。夜の仕事に体が慣れるまでは大変です。

 

・周りと休みが合わない

夕方から働き始め、朝方に帰宅する夜勤は日中に眠ります。予定が合わないことも多くなります。

 

・勤務時間が長い

多くの場所で夜勤帯の勤務は長時間労働です。13時間や16時間勤務の所も多く、日勤者と比べると1勤務あたりが長時間です。これも慣れるまでは疲労感に悩みます。

 

・体調面で心配

長期間の夜勤になってくると体に無理がかかっていたりして、体調が不安定になることがあります。もちろん日勤者でもあることですので一概には言えませんが、通常と違う時間帯に起きていることは理解しておいたほうが良いでしょう。

 

 

介護業界に正社員で就職された方は、夜勤は避けて通れない勤務です。

もちろん管理者や本社勤務であればまた違いますが、現場配属の方でしたら月に4回程度の勤務が入ってくるかと思います。

 

また、派遣やパート勤務でも夜勤のみという働き方をしている方も多数います。

上記のメリットはなかなかない好条件でもあるので、夜勤の仕事だけを長年続けている方も多いです。

皆さんの都合もあるので、夜勤がおすすめという話ではありません。

ただ、可能であれば夜勤という働き方も検討してみるのも良いかもしれません。

 

当社でも夜勤のお仕事は多数ございます。

すぐのお仕事だけではなく、1ヶ月、2ヶ月先からの案件もございます。

事前に登録しておくことで後から出たお仕事を優先して紹介してもらえることもありますので、その後の転職活動がスムーズにいきやすいです。

どの紹介・派遣会社も登録や紹介は無料でやっていますので、色々なシステムを活用して希望のお仕事を探しましょう。