医療・介護の派遣・紹介・転職相談なら

グッドドア

〒350-1105 埼玉県川越市今成4-10-15-2F

~NEW!キャンペーン情報~
転職希望の方に朗報!
入社お祝い金支給いたします!!
営業時間
   9:00~17:00
(電話受付19:00まで)
定休日
   土・日・祝日
MAIL
  good-door@alife.co.jp

お気軽にお問合せください  

049‐293‐7182
友だち追加

お役立ち情報

【面接のコツ⑤】短所を聞かれたら

これを見ている方はすでに何度か面接を受けている方も多いかと思います。明日の面接対策に検索した、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

面接の際に受ける質問で、かなり頻繁に聞かれる質問が【短所】でしょう。いきなり言われると答えにくい質問ですし、これ言ってもいいのかな?と不安になるでしょう。よく聞かれるからこそ、きちんとした答えが必要です。短所ってほとんどの人にあると思いますし、うまく言えれば自信にも繋がりますよね。

 

短所とはいえあまりにもひどいものは避けたほうが無難です。例えば寝坊が多いです、よくケンカしますなどそれは短所ではありませんし、寝坊が多い方を採用したいと思う企業はありません。

マイナスなことでも長所に変えられるように練習しておくとよいです。例えば多くの方がよく「人見知り」と言いますが、これも言い方ひとつです。

 

「短所は人見知りなことです。人前や初めての方は緊張してしまいがちです。でも1度会った方は忘れませんし、もともとはお喋りですので早く皆さんと打ち解けたいと思っています。」

など努力する気がある、良い方向へ持っていけると伝えることが出来ればOKです。

人見知りという言葉を使わずになかなか自分から話しかけられない、などと言葉を変えてみるのも良いでしょう。

「覚えるのに時間がかかる」のなら「忘れっぽいのでメモを携帯し何でも書き込んでいます。癖になっていますし、振り返りにも役立っています」といえばよいのです。

 

こんな部分がある、でもこのように対処しているという自覚があればいいんです。

マイナスはあるけどプラスもたくさんある、というところをアピールできれば採用に繋がるでしょう。この質問は短所があるか、という確認ではありません。自分を客観的に見ているか、その短所とどう向き合っているかという姿勢を見ています。

 

介護職員はとても需要が高いため、基本的なことで間違えなければ採用いただく率は非常に高い業界ではあります。

ただ離職率も多いため面接官はたくさんの求職者を見ていますし、ニーズにマッチしなければ意味がないとも考えています。人手不足な分、余計な人材に仕事を教えている余裕がないというのもあります。

ここに書いてある内容をよく読んでしっかり対策してください。短所を長所のように話す、これが大事です。